家作りの第一歩はココから!

太陽電池モジュールの種類と違い

「単結晶シリコン太陽電池」、「多結晶シリコン太陽電池」、「薄膜シリコン太陽電池」、「アモルファスシリコン太陽電池」、「ハイブリッド太陽電池(HIT太陽電池)」などが現在メジャーとされる太陽電池モジュールになりますが、一番歴史の長い種類が「単結晶シリコン太陽電池」です。技術的にも成熟していますし、発電効率の高さはこの種類最大の魅力ですが、複雑な製造工程が必要なのでコストパフォーマンスに問題があるとの見方も。

 

「多結晶シリコン太陽電池」は単結晶シリコン太陽電池よりもシンプルに製造できるので、高い予算をかけずに製品化できる点がメリットです。多結晶シリコン太陽電池自体は単結晶シリコン太陽電池の発電効率よりも劣りますが、隙間なく敷き詰めることで発電効率を高めることができますし、今一番普及率が高い種類とされます。

 

一方「薄膜シリコン太陽電池」の特徴はシリコン膜を使用する為、非常に薄い仕上がりになることです。変換効率は期待できませんが、量産性に優れているのでコストダウン効果も高く、今後多結晶シリコン太陽電池を凌ぐ勢いで普及する可能性を秘めています。

 

非結晶型の「アモルファスシリコン太陽電池」は、少ない費用で製造できますし、薄くできるので低コストで大量生産できる種類です。ただし発電効率は他の結晶型太陽電池よりも劣りますし、紫外線に弱いので他の種類の電池よりも劣化が早い点はデメリットです。

 

その他結晶シリコン太陽電池とアモルファスシリコン太陽電池を融合させた「ハイブリッド太陽電池(HIT太陽電池)」は、温度特性も効率化されていますし変換効率もアップされているので今後需要が高まることが予想されます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市