家作りの第一歩はココから!

震災対策

スマートハウスの注目度は震災以降幅広い年齢層の間で急激に高まっています。と申しますのも、スマートハウスは単純に普段の生活で発揮される省エネ効果やエコ効果に優れているだけではなく、災害に非常に強い未来型住宅だからです。

 

東日本大震災では深刻な停電問題、石油不足問題などエネルギー問題が勃発しました。ガソリンスタンドには長蛇の自動車の列が生まれ、価格も高騰しましたし、急激に普及していたオール電化に対する不安の声もあちこちで上がるようになりましたよね。

 

その点太陽光発電などの自然エネルギー、そして電気自動車などの家庭用蓄電システムが組み合わされたスマートハウスの場合、災害時にも安全、かつ快適に過ごすことができるシステムが備わっています。

 

スマートハウスはバッテリーが備わる次世代住宅ですから、災害時にも電気を1週間自給することが可能です。蓄電器のないただの省エネ住宅の場合、停電の際普段の利便性が徒となる恐れがありますが、余剰電力を日常的に蓄えることができるスマートハウスなら停電時にも安心です。

 

また停電に至らない軽い地震などが起きた時でもスマートハウスなら外出先からスマートフォンで家電類や家の設備類を操作できますから、その特徴も優れた震災対策と言えるのではないでしょうか。東日本大震災をきっかけに、住居自体の震災対策は非常に重要視されていますし、スマートハウスのこういった災害に強い特徴は各方面で大変高く評価されています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市