家作りの第一歩はココから!

太陽光発電のデメリット

太陽光発電は自然のクリーンエネルギーを使うことで地球に優しく、また経済効果も予想以上に期待できます。ただしスマートハウス、太陽光発電に問題が全くないわけではありません。ここではスマートハウスに欠かせない太陽光発電システムが抱えるデメリットについてお伝えしたいと思います。

 

太陽光発電は魅力溢れるエネルギーシステムですが、初期費用として大金をつぎ込まなければならない点は大きなネックです。長期的な視点で考えてみると日々の節電効果は確実に見込めますし、余剰電力を電力会社に売ることで利益を生むことも十分に可能です。しかもスマートハウスの場合、自宅のバッテリーに電力を蓄電することができますから、万が一震災が起こった時も1週間前後の電力を確保することができて安心です。

 

ただし太陽光発電システムを導入して元を取るまでには時間がかかることは確かですし、必要なのは初期費用だけではありません。「太陽光モジュール」、「接続箱」、「パワーコンディショナ」、「送信ユニット&電力モニタ」、「電力量計」は太陽光発電に欠かせない必須機器ですが、パワーコンディショナは10年を目安に定期メンテナンスが必要です。

 

メンテナンスで部品を交換するとなると3万円から4万円程度の費用がかかりますから、こういった出費も太陽光発電のデメリットと言えるかも知れません。そもそも肝心な太陽電池モジュール自体、寿命は大体20年から30年程度しかありませんし、全体の定期点検も4年に1回程度のペースで行う必要があることは頭に入れておかなければなりません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市