家作りの第一歩はココから!

耐火性

海外のニュースなどで時折見かける、大規模な山火事などを考えると、どうしても木材でできた建築は火に弱く、燃えやすいというイメージを抱えてしまいがちです。ところが意外にもログハウスは「火にも強い」と言われています。これはどういうことなのでしょうか。

 

実はログハウスに多く使われる丸太は断面が大きく、この表面が最初に燃えることで発生した炭から炭化層という炭のガードが生まれます。そのため酸素がなかなかその後、丸太の芯の部分まで届かず、火が一気に家全体に回ることを防いでくれる効果があるのです。

 

木でできた家が燃えづらいと言われても、いまいちイメージが湧かない方でも、キャンプファイヤーや焚火をした際のことを思い出すと理解しやすいかもしれません。木は燃えやすいと言いながら、実際に太い丸太に火をつけるのはかなりのコツが必要ですし、意外に時間がかかるものです。細い枝にまず火をつけて、大きな丸太は徐々に火を点けていくことがほとんどですよね。太い丸太の集合体であるログハウスも同じように燃えづらいのです。

 

もう一点、万が一の火災を想定した場合のログハウスのメリットは、一般の住宅に使用される建築材のように、燃えた際に有毒ガスが発生しないという点です。ただし、もちろん木材からも一酸化炭素は出ますので煙には同じく注意が必要です。

 

更に火事の際に万全を期したいと言う方は丸太と丸太の間に熱膨張性材を挟み込むことにより、さらに耐火性を高めることができます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市