家作りの第一歩はココから!

03-06 ログハウスのデメリット ライフラインの確保

最近では自然の中に限らず、都心の住宅地内でもログハウスを建てる方が増えてきています。そのような場合には、水、電気、ガスといった生活に不可欠なライフラインを確保することは決して問題になりませんが、山林など、田舎の自然の中に建てる場合は、想像以上にこれが時間と手間のかかる仕事になる場合もあります。

 

当然ですが、周りに他に住宅や別荘の少ない場所になればなるほど、電線が引かれているのか、電話線の敷設に要する期間、水の確保はどこからするのか、井戸水からなのか通常の上水道なのか、などそれぞれ担当する行政機関やお役所、電力会社や水道会社などに確認すべき内容も増えてきます。

 

中には、自然の中にログハウスで暮らす醍醐味として、風力発電やソーラー発電機など、地球に優しいエコな技術を駆使してライフラインを確保し、さらにロハスな生活を楽しもうと考える方も少なくないようです。痛ましい原発事故以来、改めてライフラインの大切さとそのリスクを実感したことから、できるだけ極端な科学に依存しない、自然に近しい手段で生活に必要なライフラインを確保しようと考える傾向もあるようです。

 

せっかくログハウスのような自然豊かな住居を構えるのですから、その趣向をライフラインの方法にまで広げてみるのも、新しい刺激になるかもしれませんね。しかしこの場合は当然、通常の電気やガス、水道に比べて多くの制限もありますので、実行される方は事前に十分な下調べと検討を行ってからにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市