家作りの第一歩はココから!

ログハウスとより長く付き合うには

ログハウスは100年以上も長持ちする、というような表現を聞くことがありますが、これだけ湿気と雨が多い日本において、水に強いとは思えない木材で建てたログハウスがそんなに長持ちするのだろうか、と疑問を感じる方もいるかもしれません。

 

もちろんログハウスに使用される木材の種類も数多くあり、それぞれ湿気や外気、雨に対する強さも少しずつ異なります。例えば、ヒノキやウェスタンレッドシダーなどは比較的湿気に強いと言われ、パイン材は美しいですが、外気に弱く、黴が生えやすいという一面もあります。特にテラスやベランダなど、一年を通じて雨に晒されることが多い部分の建築には、雨に強い木材を選択するなど、それぞれ適材適所にベストな材料を使用することも効果的でしょう。

 

また繰り返しになりますが、ログハウスを長持ちさせるには、何と言っても、しっかりと定期的なメンテナンスを行うことが必須です。木で造られているログハウスにとって、やはり最大の敵は湿気と雨ですので、日本で長持ちさせるには、この二つから以下に守るかという点に尽きると言えます。まずは小まめなメンテナンスと風通りをよくすることを最優先に考えましょう。

 

もちろん、設計や間取りなど、建てる以前からメンテナンスし易さなどを考慮しておくことも長く使えるログハウスを建築するには大切なポイントです。

 

その他にも結露やカビ、そして防腐や蟻対策など、木材の割れやヤニなど、ログハウス特有の問題点もありますので、これらも日常から目を光らせて、早期の対策及び予防を行うことで、ログハウスの寿命を長くすることができるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市