家作りの第一歩はココから!

ログハウスのメンテナンス

ログハウスのメリット、もしくはメーカーさんなどが強調する特徴として「100年持つ」とか、とにかく長持ちする住宅であることが言われます。確かに日本最古のログハウスとも言える正倉院などは1000年以上の歴史を持っていますし、木造建築で何百年もの時を経て現在も残っている建築物は数多く存在します。

 

しかしこれは、定期的にしっかりとしたメンテナンスを行っていることを前提としての話であることをしっかり理解しておきましょう。

 

メンテナンスの中にも、一般的に2,3年に一度の頻度で行われる再塗装や、柱など、縦方向に使用されている木材をスクリューボルトで、下がってきたログ壁の高さに合わせて調整したり、ドアや窓など、建具と呼ばれる部分も、ログ壁の沈み込み(セトリング)に対応する為に、セトリングスペースと呼ばれる空間とトリムボードという板を使って調整します。同様に、階段やログ壁もこのセトリングにそれぞれ対応する必要がある場合があります。他にも設備のメンテナンスや煙突がある場合は、煙突の掃除など、一言で言えば、ログハウス全体にメンテナンスが必要だと言えます。

 

また、当然ながら普段の使用時から、メンテナンス時に楽になるように、小まめに点検や調整を行っておくことも大切です。木材に極力、水、湿気を与えないように注意したり、ログをできるだけ日に晒して乾燥させるよう心がけるなど、ログハウス特有の注意事項がありますので、こちらもしっかり覚えておくようにしましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市