家作りの第一歩はココから!

耐震性

ログハウスのメリットにも様々ありますが、その中でも地震に強いことは非常によく知られています。日本では不幸にも1993年の北海道南西沖地震、そしてわずか2年後の阪神・淡路大地震、2004年の新潟県中越沖地震と大きな地震に見舞われましたが、その際にもほとんどのログハウスにはダメージがなく、その優れた耐震性が改めて認知されました。

 

なぜログハウスはこのように地震に対して強いのでしょうか。その大きな理由はログハウスの構造にあるとされています。一般的な住宅と比較すると約3倍から5倍もの量の木材を使用することになるログハウスは、その分家の重量が重く、重心も低くなっているため、耐震性に優れていると考えられます。また、無数のログが一本ずつダボという棒状の木材や鉄材でしっかり繋がれている構造の為、全体で揺れを吸収し、ダメージを最小限に抑える効果があるとされています。

 

2007年には日本ログハウス協会による実物大での実験も行われ、震度7クラスの揺れに対してもほとんど大きな損傷がなく、その耐震性を証明しました。このような結果や実績から、現在ログハウスにおいては、耐震等級の最高級と位置づけられる3の耐震力で設計が可能です。これは建築基準法内で定められる耐震力の約1.5倍の耐震性があるということになります。

 

通常の一般住宅で同レベルの耐震性を求めた場合、追加費用が発生することが多いようですが、ログハウスの場合は本来有する耐震性の高さから、この強さが手に入ると考えると地震大国日本にこそ、ログハウスは相応しいとも思えてきますね。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市