家作りの第一歩はココから!

木質系注文住宅(在来工法)

我が国は森林資源に恵まれていることから材木を使用した建築が古来より伝統的に行われてきました。これらは木質系注文住宅に区分され、木造組立工法(在来工法)とツーバイフォー工法の2つがあり、新築住宅の約70%を占めています。

 

まず木造組立工法(在来工法)ですが、柱、梁を組み立て骨格として形成した後、壁、床、屋根を取り付けるという工法で在来工法とも呼ばれています。

 

この工法は、設計の自由度が高いという点はメリットといえます。また、増築や改築も比較的やりやすいことが特徴となっていて、一般住宅に使用されている工法です。

 

これは在来工法と名付けられていますが、これは何世紀も前から日本に存在していた木造住宅の建て方という意味があるからです。

 

またその特徴は軸組みという部分を有していることで、それは柱や梁といった角材を組み込んでいることで、それぞれの角材があたかも立体を形成する軸の様になります。

 

しかし、この部分は壁や床に隠れて、完成時にはほとんど見えなくなってしまい、どこに多くの木が使われているのか分からなくほどです。これは壁紙等で隠され表面には見えないものであり、内部ではしっかり家を支え、調湿性や断熱性が遺憾なく発揮されており、長年にわたり家を快適に維持し続けています。

 

また、この工法は地震の多い我が国に適した仕組みとなっており、接合部にはわずかな遊びが設けられ、地震の揺れを吸収するとともに、木材自体にかかる負担を軽くしています。さらにそれは木材自体の弾力性や粘りで揺れを吸収しています。加えて強風や地震などの横揺れへの対策として筋かいを入れて補強しています。

 

このように、この工法は、木の良さを100%引き出した家といえます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市