家作りの第一歩はココから!

鉄筋コンクリート工法

我が国の注文住宅の約70%は木材を使用した在来工法といわれていますが、非木質系工法には鉄筋コンクリート工法、鉄骨造工法そしてコンクリートブロック造工法があります。そしてその最大の長所は火災に強いことにあります。

 

さて、鉄筋コンクリート工法ですが、鉄筋とコンクリートを使用して建築する工法で、柱や梁、壁、床を鉄筋で組みあげ、その周囲を型枠で囲いコンクリートを流し込んで作ります。

 

コンクリートはその特徴として、圧縮には強いが引っ張りには弱い、一方、鉄筋は圧縮には弱いが張りには強いという性質を有しています。そこでコンクリートの中に鉄筋を入れ、圧縮にも引っ張りにも強い材料として加工したものです。

 

これにより、不燃性でかつ熱による膨張率の差がないため、歪みによる破壊は起こりにくくなります。またコンクリートにより鉄筋がしっかり包まれれば、鉄筋が錆びることはなくなり、摩耗も少なく腐ることもないため、耐久性が高いといえます。

 

なお、コンクリートは強度を得るには水と反応して固まるまでには1〜4週間が必要になりますので、その間の養生期間は、住宅の質を高める重要なプロセスとなります。

 

一般的にコンクリートは木造のように腐敗したり節点がゆるんだりすることもなく、耐用年数が長いということになります。なお施工状況や鉄筋のかぶり厚さ、塗料の種類、築後の維持整備や雨、直射日光の当たり具合によっても耐用年数はかなり違いが生じます。通常では鉄筋コンクリートの寿命は約60年といわれています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市