家作りの第一歩はココから!

土地形状等

土地はその置かれている形状や方向向きなどの環境条件によっても価格は大きく異なります。購入価格を低く押さえたいとか、掘り出し物件と呼ばれるものは、一般には人気のないものの中に見つけることがあります。

 

旗竿敷地または敷地延長とか呼ばれる土地は、一般には敬遠されますが、安く購入したい場合などは検討の余地があります。しかし留意したいのは、旗竿地が他の家と共同する私道扱いとなっている場合などです。このような場合は、最初にはっきりとフェンスで区切る等すれば後からもめることはありません。

 

旗竿敷地のメリットは、比較的に安いこと、道路から離れているため静かでまた庭、リビング等が丸見えにはならことや駐車場、物置などとして使うえば無駄にはならないことです。

 

一方、デメリットとしては、日当たりや眺望が悪いことが多い、建ペイ率が小さいことが多く建築が容易ではなく、隣家の横を通って出入することになるため売るときは安くなること等を留意する必要があります。

 

三角形の敷地も間取りが難しく、小さな家になってしまうことや家の構造にも制限が出ること、家相学上も忌避される等のデメリットがあり、できれば避けたい物件となります。

 

逆に、正方形やそれに近い敷地は人気が高く、設計の自由度もあるため高い人気を得ています。

 

また土地の向きも人気に影響し価格に反映します。一般に南東の角地の人気は高く、その分価格設定は高くなっていることが多い状況です。また、北向きの場合は、南側を全てリビングやダイニングとして配置することも可能となりますが、南側隣地に建物が迫っている場合だと日当たりが悪くなるので注意が必要です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市