家作りの第一歩はココから!

建築条件付土地

一般には普通に土地を買い、ハウスメーカーなどに注文住宅を発注する人が多い訳ですが、これは予算が高くなりがちです。そこで建築条件付土地を利用することにより、比較的安く家を建築することができます。これには長所・短所がありますが検討してみる価値は十分あると思います。

 

建築条件付土地とは、家を建築する業者が決まっている土地を指します。建売ではなく自分の自由な設計で建築できることから人気があります。

 

また以下のコメントが広告等にほとんど掲載されています。

 

「この土地は、土地売買契約後3ヶ月以内に売主と住宅建築請負契約をして頂くことを条件に販売します。この期間内に住宅を建築しないことが確定したり、または住宅の建築請負契約が成立しなかったりした場合、契約は白紙となり、受領した金銭は全額お返金致します。」

 

次に建築条件付土地の長所ですが、その多くはメーカー側が設計例を紹介しており、土地と建物両方の販売価格が提示されている場合が多く、総予算の目安が分かりやすいといえます。また、その場合、土地と建物のローンを一緒に組むことができるのも安心材料です。

 

さらにお気に入りの建築条件付土地が見つかれば、施工会社を探す必要はないので気楽です。

 

もう一つの長所は、建売との比較において、設計プランの自由度が高いことが挙げられます。しかし、敷地が必ずしも大きいとは限らず、仕様に制限が入る場合もありますので契約前に要確認です。

 

また、その短所としては、売り手側は、土地と建物の両方で利益を確保しますが、土地価格をあまり高く設定すると売れないことになるため、土地価格を安くし、建物の方で利益を稼ぐパターンが一般的となっています。

 

このことから、建築条件付の建物の値段は、通常の建物建築費よりも高くなる可能性が高いことに留意しましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市