家作りの第一歩はココから!

住宅ローン借入額

一生で一番高額な住宅購入にあたり、その資金計画は慎重にならざるをえません。そして、いくら借りられるかに目が向きがちです。

 

しかし、毎月いくらなら返済できるかを重視することが必要です。なぜなら日々の生活があり、また冠婚葬祭をはじめ予期せぬ出費があり、あまり無理な返済計画を立てれば破綻することになりかねません。

 

基本的には、総借用額は、年収の4倍以下とし、月々の返済額は月収の20%以内が適切とされています。一般に手取り収入から必要経費を引いた額が生活費となります。

 

家庭のライフサイクルを考慮するとともに、病気・事故などへの思わぬ出費にも備えた貯金や保険の備え等、どの様な事態になっても返済が滞ることにならないように慎重な検討が必要です。返済負担率(年収に占める返済額の割合)は、低ければ低いほど健全な資金計画となります。

 

次に頭金の設定ですが、一般には物件価格の2〜3割を準備するといわれています。つまり5,000万円の物件なら、1,000〜1,500万円の頭金を準備する必要があります。

 

次に銀行の住宅ローンですが、多くの金融機関は、通常、物件価格の8割を融資上限としています。なお、近年、一部において、上限を9〜10割とするところや、頭金なしのもの、購入時の諸費用をまかなう諸費用ローン、頭金を補う頭金ローンなども扱っています。こ

 

れらの融資策により、住宅購入は容易になっているといえますが、分不相応な住宅ローンを抱えることのないように留意が必要です。

 

また忘れがちなのが、購入に伴う諸経費です。それらは印紙税、登録免許税、登記手数料、不動産取得税、融資手数料、保証料、保険料、引越し費用等で現金で用意しておく必要がありますので注意が必要です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市