家作りの第一歩はココから!

住宅ローン

住宅ローンと呼ばれるものには、融資する金融機関によっていくつかありますが、主なものを以下に紹介します。

 

最も知名度が高いのが、住宅金融公庫です。これは最も利用されている住宅ローンといえます。その特徴は、公的な機関の融資であり、安心して借りることができることといえます。なお、今後は住宅金融公庫と民間金融機関が提携するフラット35という商品が融資の中心になるとみられています。

 

次に財形住宅融資ですが、これは給与所得者や公務員を対象とした制度で、勤務先で財形貯蓄を行い1年以上継続し、貯蓄残高合計が50万円以上あることが前提となっています。

 

自治体による融資制度もありますが、県や市町村における住宅建設資金融資制度は、各自治体によって内容は異なっています。これは少額融資でありますが、財形融資同様に低金利のものが多いのが特徴で、環境に配慮した住宅などへの補助制度をはじめ、その種類はさまざまで、各自治体に確認することが必要です。

 

民間金融機関においては、公的融資に比べ、対象となる住宅の条件が比較的緩く、面積が小さい物件でも、逆に高額な物件でも融資を受けることができます。また住宅金融公庫と民間金融との併用も最近では増加しています。

 

なお、住宅ローンには保証料があり、住宅ローンを借りるとき、数十万円もの大金を保証料として支払っています。これは信用保証会社により違いがありますが、借入金額1,000万円あたり、返済期間が35年のときは約20万円、返済期間が30年のときは約19万円となります。

 

またこれを支払いたくない人には、ソニー銀行・新生銀行など、保証料がかからない銀行もあります。しかし、その分、保証会社の保証もなくなるため、ローン審査が厳しくなることになります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市