家作りの第一歩はココから!

住宅ローン返済方法

住宅ローンの返済方法には、いくつかの方法がありますが、一般的なのは元利均等返済です。これは、元金と利子を合わせた合計返済額を均等割にして、月々の返済額を一定にする方法です。

 

この方法の利点は、毎月の返済額が一定となり、返済計画は立てやすくなりますが、初期は利子分の比重が多くなり、元金がなかなか減らないのがデメリットになります。

 

次に元金均等返済ですが、これは、元金を返済回数で均等割した額に、利子分を上乗せして返済していく方法です。

 

特徴としては初期返済額が多くなるものの、返済が進むにつれ利息分は軽くなり、返済額も減ってゆくことになります。なお、総返済額は、元利均等返済よりも少なくて済むことになります。

 

次に返済期間について考えると、借入額が同じ場合、長期返済にした方が、毎月の返済額は少なくすることができます。

 

ただし、借入ができるからといって、むやみに長期のローンを組むことは考えものです。特に、定年退職後もローンに追われる生活は、お勧めできません。したがって、返済期間の限度は、定年時期を目安にすることがしたいものです。

 

また、長期返済にした方が、その分金利の負担が増えるので、総返済額は増えることになります。

 

また、住宅ローンの金利には何種類かありますが、一般的なものは固定金利であり、固定金利型借入時の金利が返済終了時まで適用されます。これは返済計画が立てやすく、金利が低いときには有利となります。しかし、金利が高いときですと不利になります。

 

また変動金利型は、年2回、長期プライムレートや市場金利に対応して金利が見直しされることになり、金利の上下によって、有利にも不利にもなることがあります。

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市