家作りの第一歩はココから!

概要

人生最大の買い物といわれる住宅購入は、当然購入に際してはそれだけ考慮しておくべき事項は少なくありません。どこへ、どんな家を、どこの会社に依頼して、いくらで、いつ建築してもらうのか等は大切な項目となります。

 

近年のIT化の進歩から住宅購入についても、インターネット上で多くの情報が入手できるようになりました。それらを利用することにより事前に検討を進めることが可能となりましたが、何より建築業者との調整をしっかり行うとともに、現地に出向いて確認してから契約を結ぶことが大切であると考えます。

 

また、業者との契約を行ったとしても、建築の状況を可能な限り見学に出向くことも後に手抜き工事といわれる様なことを防止する効果があるかもしれません。これは建築中の家の構造や仕上げ状況等を確認でき、入居後のトラブルを減少するうえで有用な情報を得ることも考えられるからです。

 

一般に購入希望者の多くは仕事に追われる世代の人々が多く、建築業者との調整や現地訪問などは、同時並行的にかつ短い期間で検討を余儀なくされているのが実情といえます。

 

特に近年は大規模災害の発生が危惧されていますので、建築場所の地盤や地盤の状況に応じた基礎工事の選定なども求められます。また、購入資金面については、現下の経済状況から住宅ローン返済計画では収入の変動への対応や、まさかの事態へのことも想定して保険等を含めた事前の検討が望まれています。

 

要は、住宅購入の折角の機会でありますので、少しでも自分の希望する家を購入できるよう労を惜しまないことも大切といえるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市