家作りの第一歩はココから!

予算

人生における最大の買い物といわれる住宅購入であり、その資金計画は慎重に進めなければなりません。

 

まず購入価格と手持ち資金の額、頭金の額、必要となるローンの額を大まかな目安として把握しなければなりません。何よりも長い返済期間となりますので、経済情勢によりボーナスが減るなど収入に変動が生じることもあるので計画には無理はできません。

 

住宅建築の費用は大きく分けて本体の費用、それ以外の費用そして追加費用となります。

 

まず、建物本体は、都市と地方では異なりますが、一般的には坪単価60万円、延床35坪とすれば2100万円となります。

 

また設計料は建築費の約10%として210万円、もし建築に伴い測量や地盤調査を要する場合、10万円は必要になります。

 

また、建て替えをする場合、解体に要する費用は30坪とすれば、約100万円、もし屋外に給排水設備を付ける場合も約100万円、地盤改良を行うなら最低でも20〜50万円、さらに外構や造園などの工事があれば約150万円が必要になります。

 

さらに、家具、電化製品、インテリア関係で約100万円が必要になります。

 

また建築確認の申請費用には約20万円、登記関係でも約20〜30万円、火災保険や建て替えならその引っ越しに関連してそれぞれ約100万円が必要になります。

 

したがって、もし建て替え工事を行う場合などで、地盤改良や造園などを行えば、本体工事にも匹敵するほどの経費がかかることになります。

 

また諸経費に相当するものの多くは、購入と同時に現金で支払うことになるため、何時、いくら必要になるかを事前に確認しておくことが必要になります。

 

またそれらに見合う金額を手元に確保しておくことが必要で、くれぐれも予算オーバーとならないように余裕のある資金計画を立てることが大切となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市