家作りの第一歩はココから!

情報収集

購入する家のイメージづくりができたら、次はそのイメージにマッチするデザインを探すことになります。その場合、現在はインターネットから多くの情報を入手できますので大いに活用すると良いでしょう。また、当然住宅メーカーや住宅展示場で得られるカタログなどの資料も活用できます。

 

なお、できるだけ現物・現場も見て、疑問点等を解明する機会にすることが望まれます。しかし、建築中の現場に入る場合は、立ち入りの了承を得ることや、足下や周囲に注意することが求められます。その意味では施工業者などが計画する展示会などを利用する方がより安全で便利かもしれません。

 

そして自分達が望んでいるデザインがどこに使用されているのか、また別のデザインで参考になるものはないかなどに留意しながら見学すると良いでしょう。

 

そして帰宅してから家族で検討会のようなものを開き、自分たちの設計に反映しつつ本格的な設計を始めます。現在は情報過多の状況にあり、あれもこれもと何でも取り入れようとすると、かえって混乱してしまいますので、家造りの原点を確認することも必要になります。

 

さらに沢山出版されている建築家の著書も参考になります。特に建築する地域の特性に関する情報が得られれば、設計に有効に反映できることになります。

 

なお、情報収集を行っている途中で、ある特定の設計家に依頼したいということになれば、直接その方に電話やメールなどで連絡してみることも有効かもしれません。しかし、経費も余分にかかることになりますので、その分資金計画には留意が必要です。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市