家作りの第一歩はココから!

資金計画

いよいよ家の購入する段階となると購入資金を再確認しなければなりません。まず必要となる購入金額ですが、3〜5千万円を用意する必要があります。それに対してローンを含めて自己資金はいくら調達できるのかを把握します。

 

住宅購入に際しては、多くの金融機関の住宅ローンを利用することになりますが、併せてローン返済のシミュレーションをしてもらいましょう。これは年収、自己資金や年間返済額を示して、借用可能金額を確認することができます。

 

なお、金融機関毎にそれぞれ特色あるサービスをしており、期間限定ものもありますので、詳細は現在利用している金融機関に相談することが良いでしょう。なお、各金融機関は、インターネット上に住宅ローンに関するサイトを設けていますので、それらを比較検討してみることも役立ちます。

 

また、住宅関連の情報誌にも時々掲載されていますので、住宅展示場や書店等で無料入手できますので活用してみましょう。

 

また住宅ローンは一般に30年など長期返済となり、借り入れ利率のわずかの違いで返済総額は多きく変動しますので慎重に検討することが望まれます。要は借用金額を少しでも減らし、逆に自己資金は少しでも多くすることが必要になります。

 

しかし、住宅購入に付随して税金や付帯費用も予想を超える場合がありますので、あまり無理をすると日々の生活に支障が出ますので家族でよく話し合うことが大切です。何より長期の返済となりますので家族のライフプランと非常時のことをも考慮して計画することをお勧めします。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市