家作りの第一歩はココから!

第三者の目を

間違いのない業者を選ぶためのポイントのひとつをお教えしましょう。それは、第三者を加えること。

 

どういうことかというと、住宅メーカーを選ぶ段階から建築の専門家などの、第三者を加えるということ。第三者の専門家を入れるということは、メーカーによっては難色を示すこともあるでしょう。自分たちの技術に自信がある、誇りをもっているメーカーの方は喜んで受け入れてくれるはず。

 

難色を示す様なメーカーは、自分たちの技術に自信がない、ぼろが出るのを恐れている可能性があります。もしも、そういったメーカーであれば依頼はしない方が無難といえます。

 

また、住宅メーカーに「このお客は、うるさい客だなぁ」と思わせることも大切。そう思わせることで、手を抜くことはできなくなります。第三者を入れる場合には、尚更そう思うでしょう。そのため、最初からきちんとした人物を担当者とするのではないでしょうか。

 

メーカーとしても、当然トラブルは避けたいもの。うるさいお客さん、更には第三者の専門家が加わっているとなると、きちんとした対応をしてくれることが期待できます。

 

多少、費用は発生してしまいますが、安心した家を建てるには必要経費とも考えられます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市