家作りの第一歩はココから!

工事請負契約

請負契約とは、住宅の完成を約束して、完成した仕事に対して報酬としてその対価を払うという契約です。工事請負契約では請負代金の支払いを契約時・上棟時・引渡時の3回に分けているところが大半だと思います。

 

これは、後に説明しますが、契約時に一括で大金を支払ってしまった場合、その工務店が悪い業者なら倒産や夜逃げまがいの事をして、支払ったお金全額持ち逃げしてしまうかも知れません。もし詐欺でなくとも、後々に工務店とトラブルがあり、その工務店と契約を解除したい状態になったとしても、支払い過ぎた分は回収出来兼ねますので、支払いは工事が一段落した都度支払う事が重要となります。

 

この契約条件は施主であるお客さんの身を守るものとなります。この項目は必ずチェックしましょう。

 

大体に於いて、契約には約款が付きます。特に家を建てるような高額の取引にはこれらを読んで理解しておく事は大切な事です。十数項目からなり目を通すだけで疲れると思いますが、がんばりましょう。

 

もっとも多いトラブルが、住居の仕様や設備・追加工事が曖昧な表記で書かれており、それに契約した場合、追加費用がどんどん膨らんでいくと言ったものです。間取りや仕様が確定し、追加工事などの費用も把握し、ほとんど大きな変更が出ない程度まで詰めてから契約書にハンコを押しましょう。

 

他では、請負代金の支払いは3回程度に分けるのが基本とされていますが、悪い工務店などは、契約時に一括支払いを申し出たり、契約時に8割を請求することがあるようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市