家作りの第一歩はココから!

引き渡し後

ここからは住む人たちによって家を造っていく作業になります。雑に扱えば雑な家となり、丁寧に扱えば丁寧な家となっていくでしょう。丁寧に扱いたい方は、その家に見合ったメンテナンスが必要となります。それから家を長持ちさせる点検のポイントを紹介致します。

 

住宅のメンテナンスでは、屋根や基礎土台から外壁の修繕まで定期的に行う必要があります。屋根では10〜20年に一度点検してもらった方が良いでしょう。美観を求めるのでしたら10年に一度補修・点検等を依頼しましょう。

 

基礎土台では、シロアリ対策や水漏れなど点検依頼しましょう。シロアリ対策では、10年を目安に行います。水漏れは1年単位で点検するのが良いとされています。

 

外壁では、各素材ごとに異なりますが、概ね2年〜3年に一度の割合で点検以来をすると良いでしょう。

 

内装では、天井・壁のクロスの点検・補修、畳・フローリング等の床の点検、襖・障子、それから室内ドアの点検・調整が主となります。

 

天井・壁の補修は10年あたりを目安にする良いでしょう。しかし、この目安は汚れが目立たない事が前提の期間ですので、汚れたら定期的に張り替えましょう。

 

畳は5年を目安に裏返し、10年に一度表替えを致しましょう。フローリングでは、年に一度ワックスなどを塗っておけば随時点検は必要ありません。ただ、傷などがついてしまったら補修をしましょう。

 

襖は、今時襖がある家があるかどうか分かりませんが、5年〜10年が張り替え時と言われています。障子は年に一回、年末の大掃除の時にでも張り替えましょう。子供は喜びます。

 

室内ドアはゆがみが出始めたら随時、調整を依頼します。最後に、設備のメンテナンスになります。

 

水道やトイレ、風呂、キッチンなど生活に欠かせず、毎日使うものが主ですので、日頃の手入れを入れても5年あたりを目安に点検・修理を依頼しましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市