家作りの第一歩はココから!

契約の印紙税

住宅を建てる際にかかる税金には消費税の他に、印紙税と登録免許税、その他不動産税などがあります。ここでは住宅の購入する際かかる印紙税と登録免許税を紹介致します。ちなみに、不動産税は新居へ入居した際かかる税金です。

 

印紙税では、課税されるのは印紙税法で定められている「課税文章」と呼ばれる物になります。工務店で必要になる印紙税は、工事請負契約書を交わす時と住宅ローンをご利用になる場合、借りる金融機関と金銭消費賃借契約書を交わす時の2回になります(住宅ローンを考えていないのであれば1回)。

 

これらの契約金額に応じた額の印紙税を支払う物です。収入印紙(コンビニ等で売ってます)を何れかの契約書に貼り、消印することによって納税したとみなされるものです。

 

契約金額が500万円超1000万円以下であれば、工事請負契約では1万円、住宅ローンでも1万円の税金が取られます。1000万円超5000万円以内でしたら、工事請負契約では1万5000円、住宅ローンでは2万円となります。さらに高額の契約金額では、それに応じた金額の税金がかかります。

 

登録免許税とは、住まいの登記を行う時にかかる税金となります。住まいの登記は、土地と建物の各々で、売主から主に名義を変える「所有権移転登記」や新築建物の所有者名を記載する「所有権保存登記」などがあります。

 

登録免許税で、土地・建物の登記手続きは通常、司法書士が代行します。登録免許税自体も司法書士に一任するケースが多いです。その際、司法書士に依頼するにも費用がかかります。司法書士に対する報酬は数万円〜数十万円程度とされています。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市