家作りの第一歩はココから!

地鎮祭の費用

地鎮祭(じちんさい)または床沈めの祭りと言い、家を建てる際に先立ち、その土地の神を奉り、工事の無事やこれから建つ建物の安全などを祈る儀式となります。ここでは詳細な内容を省きますが、地鎮祭には神式と仏式があります。どちらも工事などの安全祈願が主となっております。

 

地鎮祭にかかる費用は、神職又は住職に払う費用・祭壇その他の準備費用・お供え物の費用が主となっております。

 

神職・住職に払う資金は初穂料(はつほりょう)又は玉串料と言います。地鎮祭の祭事を執行して頂いたお礼として支払うものです。先の料金を支払う時は、のし袋に入れて表書きを「御初穂料」や「御玉串料」と書きます。これらの料金は、地鎮祭の規模や地域で異なりますが、2万から5万円が相場となっているようです。それから、神職や住職が現場に来る為の移動手段にも料金を支払います。どんな交通手段で来ようとも、白い封筒に「お車代」と記入し、5千円から1万円くらいを包みお渡しします。

 

祭壇その他の準備費用では、施行会社に一任すれば手間がかからず良いでしょう。資金面から考えれば、施主であるお客さんが全て用意すれば費用は抑えられます。手間を取るか出費を抑えるかはお客さん次第となります。施行会社に一任した際の費用は、1万円から5万円と言われております。雨天、テント等を設営した場合はさらに費用が嵩みます。

 

最後、お供え物ですが、米・塩・果物・お酒・水・海のもの・山のものなどは全て施主が用意致します。その他の雑費(紙コップ等)も実費となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市