家作りの第一歩はココから!

上棟式の費用

上棟式とは、建物の守護神と大工又は匠の神を奉つり、上棟まで工事が無事に終了した事に感謝し、以降の工事行程の無事と完成することを祈願する儀式となっております。

 

一般的に上棟式は、新築の家の土台が出来上がり、柱・梁・桁・力版などの骨組みが完成した後、棟木を取り付ける際に行う儀式です。木造建築では棟木を棟に上げる時に、RC建築では躯体のコンクリートの打ち込みが終わった頃に行います。

 

上棟式に必要なものは、大工さんに対してのご祝儀・料理・お酒や飲み物・引き出物などとなります。その他、もち撒きを行う際にはお餅の費用も必要です。

 

ご祝儀は、棟梁に2万円から5万円、その他の大工さんに5千円から1万円となっております。高額の出費はこれだけで、あとは雑費となります。大工さん達人数分のお弁当が1千円程度のもの。直会(宴会)で振る舞われる料理、1万円のものから3万円程度の大皿料理を用意しましょう(人数にもよりますけど)。それから、その時の宴会で飲まれるお酒や飲み物など、1万円程度、人数分より多めに用意しておくと良いとされています。

 

それから大々的に行うのでしたら、ご近所さんへの挨拶の品、2千円から5千円程度。吹流しと言うものも必要です。3千円から5千円程度。上棟式セットも用意しましょう。3千円から1万円となります。

 

最後に、お餅を撒くのでしたら5千円程度の数は撒きましょう。下手に少なく撒くと惨めになります。

 

上棟式では施主による挨拶があります。建築関係の方が集まる中、あいさつをするのです。内容は、今までの大工さんへの労いの言葉と、今後の工事の安全を願っていることなど、感謝の気持ちが伝われば良いでしょう。インターネット等で調べて頂ければ、挨拶の紹介が載っていますので、そちらを参考にしても良いでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市