家作りの第一歩はココから!

融資実行・つなぎ融資の返済

ここでは、建売住宅などの物件購入から融資実行までの流れを記載していきます。

 

物件購入の融資実行は、公庫融資(公的融資)と民間融資で異なっています。

 

公庫融資(公的融資)の場合は、所有権の移転登記をしないと資金の交付を受けられません、ですので、請負代金から融資を受けたいのであれば、つなぎ融資が必要となります。

 

売買契約の後、手付金の支払いを済ませ、住宅ローンの申し込みを行います。その後、融資の審査と承認を経て、残金の決済と引渡し後、所有権移転登記・入居を済ませて頂きます。その後、住宅ローン契約を結び、抵当権の設定登記をし、融資の実行(資金の受け取り)へと移ります。

 

民間融資の場合は、売買契約後、手付金の支払いを済ませ、住宅ローンの申し込みを行います。その後、融資の審査と承認を経て、住宅ローン契約へと移ります。融資の実行(資金の受け取り)を受け、残金の決算と引渡しの後に、所有権移転登記と抵当権の設定登記の後、入居へと移ります。

 

公庫融資(公的融資)と民間融資の違いは、住宅ローンの融資実行の順番が異なる事が特徴的だと思います。その為、住宅ローンは公的融資から受け、つなぎ融資のみ民間融資から受けると言った組み合わせが可能となります。逆に言いますと、それ以外の融資が存在せず、他でお金の融資を経たいのであれば、単純に金融機関から借入として借りるしかありません。

 

つなぎ融資の返済といいましても、単純に返済金が住宅ローンへと移ったと言う事で、返済は住宅ローンが返済し終えた時点で終わります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市