家作りの第一歩はココから!

設計

設計を考える時間が家作りでとても楽しい物でしょう。他には煩雑なものばかりですので。では設計を考えるに大切な要素は何か、いくつか例をあげてみます。今回は資金面を除外して自分の理想のみを考えましょう。そっちの方が夢や希望がありますから。

 

採光重視で建設して欲しい・収納を多くして欲しい・愛玩動物を中心で家を建てたい・ドラキュラ伯爵のごとく暗い部屋が好みだ・家に図書館を作るため地下が欲しいなど、希望や理想を例にあげれば切りがなくなります。女性でしたら、キッチンをアイランド型やシステムキッチンにすることを絶対に譲れない方など多いのではないでしょうか。

 

設計の段階ではそれでいいでしょう。どうせ最後には資金面を考慮に入れなければならないのですから。

 

次に導線・間取りを計画していきます。導線とは、そこに住むための人の動きを考える事です。考える上でのポイントは「なるべく短く」が基本的となるようです。

 

それから間取りを考える上で、リビングやダイニングなどを「パブリックゾーン」と言い、寝室や子供部屋、書斎などを「プライベートゾーン」、キッチン・浴室・トイレなどを「サニタリーゾーン」、それらを結ぶ廊下や階段を「通路ゾーン」と呼びます。機能ごとに空間を分けて考えることを「ゾーニング」と言うそうです。

 

これは配管や業者の便宜的な考え以外でも、そこに住む人にとって重要な事になります。これらを疎かにして家を建てると住み心地が悪いものになってしまうかも知れません。上記で上げた導線計画やゾーニングは、誇張されたものや裏付けのないものではなく、日本建築何百〜何千年の経験があるものと思いますし、信じたいものです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市