家作りの第一歩はココから!

耐震設計

日本は地震国であり、昔から地震に対して安全な建築物をつくることには配慮されてきました。

 

その地震に対して、設計において安全性を追求した住宅が耐震設計住宅です。もともと、建築などではすじかいや方づえといった耐震構造材が一般的に用いられてきましたが、1981年に新耐震設計基準ができ、それ以降に建てられた建築物は阪神・淡路大地震でもあまり倒壊しなかったとされています。そこで、この基準が現在も耐震設計の基準となっています。

 

最近では、自治体で耐震診断や耐震改修に対しての支援策を行うところが増えています。多くの人が耐震設計を家づくりでは欠かせないものとしているのです。

 

地震に強い住宅の構造として、耐震構造のほかに免震構造というものもあります。

 

耐震構造が地震の揺れに耐えるようにつくられるのに対し、免震構造では地震の揺れを吸収できるようにつくられます。

 

地震の多い日本で古くから用いられてきたのは免震構造のほうです。しかし、最近の多くの住宅が欧米の建築物を参考にした耐震構造の工法を用いているため、より耐震の強度をアップさせた方式へと向かっているのです。

 

住宅の構造に関する機能であるため、住宅展示場のモデルハウスでは、どのような構造になっているか自分の目でなかなか確認できません。そこで、建築現場の見学会などで確認してみるのもいいでしょう。また、専門的な部分なので、ハウスメーカーによっては、耐震強度の実験の様子などを見学会のスケジュールに採り入れているところもあるようです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市