家作りの第一歩はココから!

屋上緑化

地球温暖化が問題化されて以来、都市のヒートアイランド現象を抑える方法として、建物の屋上緑化が推進されています。住宅に関しても、コンクリートによる建物では、その屋上に緑を植えることで温暖化防止につながることから、自治体でも補助金などが出されるようになってきました。

 

屋上緑化の効果はさまざまな面に現れます。たとえば、屋上に庭をつくると、土壌の断熱効果によって、最上階の温度上昇が防げるようになります。また、植物からの蒸散や蒸発が促されて、気化熱による冷却が進むようになります。さらには、植物の緑が人を癒してくれ、街の景観もよくなるということがいえます。

 

屋上緑化を導入するには、注意点もあります。植物を植えるための土を屋上に乗せることになるので、耐震強度がアップした構造にしなければならないということです。

 

また、通常ならば雨水はそのまま下へ流れるのに対し、屋上を庭にすると、水がつねに留まる状態となるので、漏水防止を強化する必要が出てきます。それに、屋上は風が強いため、せっかく植えた植物などが飛ばされたりしないよう、防風ネットを張るなどの工夫も施さなければなりません。

 

屋上緑化を導入しようとすると、素敵な庭にしたいとか、とかくその内容ばかりに興味が向かいがちですが、自然の地面とは違う条件であることを認識しなければなりません。

 

まずは、そこにきちんと自然の状態がつくれるどうかを確認しなければならないのです。とくに、住宅展示場に設けてある屋上緑化の施された住宅は、多くの人の手によりさまざまな面まできちんと管理された結果として、そこにあるということを忘れてはいけません。

 

自分で建てた住宅の場合、屋上も自分で管理していかなければならないということです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市