家作りの第一歩はココから!

ツーバイフォー・ツーバイシックス

家を建てようという方の中には、「どういった工法の家を選んだら良いのだろう…」と迷われている方も、多いのではないでしょうか。家を建てようと思わない限り、家の工法なんて気にすることもないですからね。

 

では、様々な工法の中のひとつ、ツーバイフォー、ツーバイシックスについてご紹介しましょう。

 

こちらの工法は、北米から伝わった工法となります。規格化されている製材で枠を組み、合板を貼り、壁となる部分のパネルを作っていきます。要するに、面の集合体にて、家を建てていくという方法。輸入住宅などでは、この工法が多く使われています。

 

この、ツーバイフォー・ツーバイシックスの家は、断熱性や気密性に優れていることが特徴といえます。また、工期が短く、職人の腕などでのできあがりに差がないということもあげられます。面の集合体ということで、耐震性にも優れている住宅といえます。

 

しかし、デメリットとしては面で家を建てていくことから、間取り、窓の大きさなどが自由に選ぶことができません。

 

また、1階の床部分から徐々に上に向かって組み立てていくことになりますので、屋根は最後に組み立てられることになります。ということは、工期中に雨が降ってしまった場合には、水分が抜けにくくなってしまったり、性能低下の原因が起こる可能性もあります。

 

そのため、ツーバイフォー・ツーバイシックスの家を建てるという方は、契約を行う前には雨が降った場合にはどういった対策をしているか確認しておくと、安心できるのではないでしょうか。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市