家作りの第一歩はココから!

鉄骨造

これから、家を建てようという方は、工法なども気になっているのではないでしょうか。家を建てるには、様々な工法があることは知っていても、どういった違いがあるのだろうか…と分からない方も多いと思います。家を建てる際には、みなさん様々なこだわりポイントがあると思います。

 

中には、最近の震災などからとにかく耐震性のある家を…と考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方は、鉄骨造はいかがでしょうか。

 

鉄骨造とは、柱や梁部分に鉄骨を用いる工法となります。この鉄骨造は、薄く鋼板を加工した鉄骨を用いる軽量鉄骨造と、H型の太い鉄骨を用いる重量鉄骨造があります。

 

鉄骨造の特徴は、やはり耐震性に優れているということがあげられます。その他には、乾燥収縮などが木材のように起こらないため、狂いなどを生じることがないということもあげられます。

 

しかし、鉄骨造の場合には価格が高くなってしまうというデメリットがあります。鉄骨を用いるわけですから、高くなってしまうのも分かりますよね。

 

また、鉄骨造の場合には将来的に増築したい、リフォームしたいという場合には、なかなか難しいといえます。

 

防錆加工の被膜に傷ついてしまった場合には、そこから腐蝕してしまう可能性もあります。そのため、家を建てる際に注意が必要となる工法となります。

 

このように、工法によっては様々なメリット、デメリットがあるということ。まずは、何を重視するかによって工法を選んでいきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市