家作りの第一歩はココから!

住宅性能表示

家を建てる際には、住宅性能表示制度を利用したいと考えている方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

この住宅性能表示制度とは、国土交通大事の指示を受けている第三者により、施主が求めた性能を持った住宅が建てられているか、一定基準のもと評価を行う制度のことをいいます。万が一、この住宅性能表示でトラブルを発見した場合には、安い費用で相談に乗ってもらえるというのが最大のメリットといえます。

 

住宅性能表示制度は、施主が任意でつけることになります。この制度を利用する場合には、数十万円の費用がかかります。また、住宅性能表示制度には、設計図での内容でチェックするという設計住宅性能評価書というものと、施工から完成までの間に、何度かチェックを行う建築住宅性能評価書があります。

 

この制度を利用するのであれば、どちらも行った方が無難といえます。ただし、チェック項目に該当しないものについては、ノーチェックとなりますので100パーセント大丈夫とは言い切れないところもあるのが難点。

 

業者によっては、この制度を最初から紹介しないという業者もあるかもしれませんが、だからといって悪徳業者というわけではありません。逆に、この制度を利用したいと言った際に、なんらかの理由をつけて拒むような業者であれば、そういった業者には依頼しない方が良いでしょう。

 

できることなら、安心した家を建てたいから少しでも費用がかかってもこの制度を利用したいという方は、一度依頼する業者に確認してみましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市