家作りの第一歩はココから!

完成・引渡し

家を建てるというのは、本当に様々な工程を経て完成となります。時間もかかりますし、手間もかかります。しかし、出来上がった時の嬉しさは、格別といえるのではないでしょうか。

 

家づくりを行う場合には、計画、検討、契約、着工という流れで、家づくりが進められていくことになります。そして、工事が終わり、家が完成となります。

 

完成になった家は最後に、竣工検査というものを行うことになります。その際には、内外装のチェック、設備関係のチェック、水の吸い込みや流れなどのチェックを確認することになります。この時点で、もしも補修工事が必要と判断された場合には、文書で不具合工事の確認を行い、補修工事を行ってもらいましょう。

 

そして、これが無事に終了したら、晴れて引渡しということになります。引き渡し後には、引越しを行うことになりますが、引越し前に電気やガス、水道、電話やインターネットなどの開設を行いましょう。そして、引越後にはご近所のあいさつ周りも忘れずに行いましょう。

 

入居後には、表示登記や保存登記、抵当権設定登記、確定申告、外溝工事なども必要となってきます。これが、家を建てて最後の作業となりますので、忘れないように行いましょう。

 

分からない点などは、メーカーの方に確認してみましょう。住宅メーカーの営業マンとは、これから先も長いお付合いになるはずですから、入居後の質問点や不安点などがある場合にも、遠慮せずに営業マンに確認してみましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市