家作りの第一歩はココから!

トイレ

海外を旅行していくと、日本のトイレの清潔さ、機能の便利さなどを実感できる事も多いのではないでしょうか?ウォッシュレット機能を筆頭に、日本のトイレは海外メーカーに比べても非常に優秀となっています。

 

もちろん日本人に使い勝手のよい設計もされているため、トイレの設備に関しては日本製を選ぶ事が基本となってくるかもしれません。

 

トイレでまず考えるべき事は、スペースの広さです。もちろん狭いよりは適度な広さがあった方が好ましいですが、あまり広すぎても無駄なスペースとなったり、掃除が面倒になる事でしょう。

 

一般的なトイレといえば、手洗い器のついたタイプが主流でしたが、近年ではタンクレスのタイプも増えているため、トイレ内に手洗いスペースをつけるのが好ましいでしょう。

 

また、足腰が弱い高齢者のことを考えると、洋風のスタイルで手すりをつけておく事も大切になってくるでしょう。

 

2階建て以上の住居の場合、できれば各階にトイレがあると便利です。特に高齢者が住む家庭においては、生活の上で階段の昇り降りを極力減らす工夫も必要です。

 

しかし家族数が少ないうちや、共働きの家庭の場合、トイレが必要以上に多いと、掃除の手間が大変になってくるのも現状なのではないでしょうか。よって、当初はトイレは1箇所にしておいて、将来的にトイレの数を増やせるようなスペースを用意しておくのもひとつの手です。給排水配管や電源の用意のみしておくなり、当初は手洗い場にしておく、または収納スペースとして利用するなどでもいいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市