家作りの第一歩はココから!

ホームセキュリティ

近年の社会情勢を考えると、住宅のセキュリティも厳重なものにしていく必要が出てきています。

 

以前の日本においては、一般家庭のセキュリティなどほとんど考慮されていませんでしたが、盗難やストーカーなどの事件が相次ぐ現代においては、会社やお店のセキュリティなみの対策が、一般家庭にも求められてきています。

 

まずは、一般個人の家庭においても、警備会社との契約をする家庭も増えてきています。なぜなら、住居に防犯対策用の設備を導入するよりも、警備会社に契約する方がコスト的に安くなるケースも多いからです。

 

住居のセキュリティ対策としては、防犯ガラスや防犯フィルムなどの窓対策、防犯カメラや鍵などの対策などが考えられます。特に監視カメラは、抑止効果が非常に高いといえます。

 

セキュリティ商品の中には、価格や性能もピンキリで、質の悪いものもたくさんあります。例えば、防犯カメラの効果が抑止であるなら、実際に映像が撮れている必要がないと考え、ダミーカメラを設置する場合もあるでしょう。しかし、窃盗の専門家にはダミーなどは通用しません。

 

様々なセキュリティ商品は、窃盗の手口を考慮して、どんどん改良されています。逆に言えば古い方式のものや安い商品では、防犯の効果はすぐに無くなってしまいます。

 

このように考えると、家庭用のセキュリティ商品よりも、警備会社のサービスの方が内容も濃く充実している事がわかります。もちろんセキュリティ商品を設置する場合は、妥協せずよりしっかりとした商品を選ぶ事も大切になります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市