家作りの第一歩はココから!

耐震補強と地盤改良

先の東日本大震災に始まる相次ぐ地震により、今後の家づくりにおいては地震対策が最優先となる事を意識した方も多いのではないでしょうか?

 

大震災の折には、日本の家屋の中心となる木造住宅が地震に弱く、倒壊のリスクが高いイメージがついてしまった感があります。しかし実際には木造住宅は耐久性や耐震性にも強い造りであり、古い木造家屋が耐震基準に達していない事に根本的原因があっただけです。

 

今後の家づくりにおいては、まずは地盤のしっかりとした地域に家を建てる事が大切となります。土地探しにおいては、地盤を調べる事に重点を置いて進めていきましょう。

 

気に入った土地を見つけたら、まずは敷地調査と地盤調査を行うようにしましょう。もちろん費用はかかってきますが、家づくりにおいては必要不可欠な経費である事を認識しておきましょう。

 

万が一、地盤が不十分であっても、家を建てるのに向いていないとも限りません。地盤の弱い土地は、地盤改良を行う事によって建物を建てるのに適した土地に変える事も可能です。土地を購入する場合は、地盤改良の工事費用は、あらかじめ想定するようにしておきましょう。

 

住宅を建築する際にも、耐震対策や耐震補強工事を確実に行う必要があります。

 

木造住宅は、しっかりとした耐震対策を行う事で、非常に強い家になります。逆に建物自体はしっかりしている鉄筋コンクリート造などは、重い材質の為、土地の補強をしっかりしておく必要が出てきます。要は住宅の造りではなく、しっかりとした対策を施しておくかどうかが重要なのです。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市