家作りの第一歩はココから!

欠陥住宅を防ぐ

家づくりにおいて、絶対に避けたいケースが欠陥住宅にしてしまわない事です。欠陥住宅という言葉はよく聞きますが、実際にどういうケースが欠陥住宅なのか、覚えておきましょう。

 

欠陥住宅で一番多いのが、早期の段階から雨漏りするようなケースです。これは基礎の構造の手抜きが原因であるため、雨漏りだけではなく、建物の耐久性などにも問題があるのが一般的で、重大な事になってくる場合も多いといえます。

 

また耐震対策が不十分であったり、地盤沈下が起きるなどのケースは最悪でしょう。

 

欠陥住宅の原因のほとんどが、工事の手抜きです。場合によっては設計段階から問題がある事もあります。

 

住宅の建築の際には、建築基準法に従って、しっかりとした家を建てているかどうか、中間検査や完了検査を行いますが、この検査はしっかりと細部に渡って検査しているわけではありません。それをわかっている悪質な業者は、検査の目をすり抜けるかのように手抜き工事をする場合もあります。

 

よって欠陥住宅を防ぐ為には、優良な業者を選ぶ事が一番のポイントとなってくるでしょう。また工事中に手抜きを行わないように、施主が工事現場に何度も足を運ぶなどして、目を光らせているスタンスを見せておく事も大切になります。

 

家づくりは大きな買い物でもあり、長い期間に渡り生活の基盤になるものなので、欠陥住宅は絶対に避けたいポイントとなります。施主のスタンスでも決まってきますので、十分に注意して管理していく事を心がけていきましょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市