家作りの第一歩はココから!

シックハウス症候群とは

近年の住宅は、化学物質を含有した新健材と呼ばれる材料を使うようになっており、室内空気が化学物質などによって汚染されることにより、住民の健康を害してしまうという悪影響が出るようになってしまいました。これをシックハウス症候群という呼び方をしています。

 

シックハウス症候群は、基本的には新築やリフォーム時によく起こる現象で、上記のとおり化学物質の影響による事が一番の原因となっています。しかし、それ以外にもシックハウス症候群の原因は多数あるので、原因を特定しにくいという特徴もあります。

 

シックハウス症候群の要因として次のような原因も考えられます。

 

新建材においては、壁紙や合板、接着剤や塗料などの揮発性の化学物質が空気汚染の原因になります。じゅうたんやカーテン、家具などからも化学物質は揮発します。接着剤や防虫剤なども考えられます。

 

また、直接の原因ではないまでも、室内の換気不足が室内空気汚染の原因にもなってきます。ダニやカビによるアレルギーも、健康に被害を与えることになるでしょう。

 

また、近年はアレルギー体質の人も増えてきています。ストレスなどもシックハウス症候群の原因ではないかと言われています。

 

化粧品やスプレー類、防虫剤などの日用品が原因となる場合もあるようです。

 

このように、現代病の様相もあるシックハウス症候群ですが、家づくりが原因とならないように、材質選びなどには気を使っておいたり、換気をしっかり行うなど、あらかじめ対策をしておく事は大切となります。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市