家作りの第一歩はココから!

高断熱・高気密の家

最近の住宅のポイントとして、高断熱で高気密の家がアピールポイントのひとつとされています。しかし高断熱・高気密の家にはメリットもあればデメリットもあるので、特徴をしっかりと把握しておく必要があるでしょう。

 

高断熱は壁や屋根・床、窓ガラスやサッシなどに断熱材を施工することにより、夏は外の暑い熱を遮断する効果があり、冬は外の寒い冷気を遮断するようになります。高気密は、夏の冷房による冷気や、冬の暖房による温かい空気を外に逃がさないように空気を密封する事をいいます。

 

しかしこれらの高断熱・高気密の住宅には、大きなデメリットも出てきています。この最大のデメリットが結露の問題です。結露は、外気と室内の温度との気温差が大きいことで起きてきます。

 

近年のマンションなどは結露がひどく、断熱材が湿気てしまったり、何よりもダニやカビの原因となります。結露のひどい部屋はカビにより衣類がだめになってしまったりと、目に見える問題点も出てきますが、壁の中のダニやカビは柱を腐らせてしまうので、家の耐久性を減少させる原因となってきます。

 

窓に出る結露は、2重窓などを使う事で軽減する事もできます。また換気設備を強化する事も必要になります。

 

しかし設備にばかり頼っておく事はできません。窓の結露をこまめに掃除したり、十分な換気を行ったりという居住者の努力も不可欠となります。

 

このように近年流行りの高断熱・高気密の家には、一長一短がありますので、特徴をよく理解して生活して事も大切となってきます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市