家作りの第一歩はココから!

設備の失敗例

家づくりにおいては、様々な要素でたくさんの失敗例があります。ここでは全てをあげる事はできませんが、基本のポイントはおさえておきましょう。設備に関する失敗例を考えてみます。

 

設備は、実際に家に設置してみないとわからない事も多く、素人判断で考えずに、設計士などと相談して決めていく事も大切になります。もちろん後で交換できるものもありますが、余計な資金をかけないためにも、お勧めしてもらえるもので、なるべく良いものを入れておく事も、結果的に安く済ます事につながるのではないでしょうか。

 

スイッチ類やコンセントなどは、家具を設置した事を考えて用意しておきましょう。模様替えなどによって将来的に変わる事も多いので、予備の考え方も必要です。

 

トイレの排水など、配管計画などは、設計士にしっかりと見ておいてもらう必要があるでしょう。粗悪な設計で後悔をしないようにしておきたいところです。

 

雨戸をしっかりつけておく事。雨戸がないゆえに隣から見えてしまったりという事もあるようです。

 

窓の大きさなども、あらかじめ家具を想定して考える必要があります。寝室の窓などは、場所により寒さの原因になる事もあります。南向きの窓は、遮熱性にする必要もあります。

 

オーディオルームの防音設備などもしっかり考えておきましょう。

 

テレビドアホンやセキュリティなども、最初から考えておきましょう。

 

照明の明るさは調整できると非常に便利です。

 

まだまだたくさんありますが、ひとつずつチェックして十分に検討しておくに越した事はありません。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市