家作りの第一歩はココから!

家の構造と安全面

家づくりの中で、何階建て住宅にするかや建物の造りも重要なポイントです。特にいつどこに地震が起きるかわからない日本においては、耐震対策などの安全面はしっかりと考えておく必要があります。

 

広い土地がある場合は、平屋が魅力になります。生活のしやすさや、バリアフリー対策、庭づくりなど、平屋の魅力は数え切れません。

 

しかし現実的には土地の広さが問題となってくる為、現在の日本においては2階建て住宅が圧倒的に多くなっています。また都市部においては、更に狭い土地を有効活用するために3階建て住宅へのニーズも高まっています。

 

構造面では、木造・鉄筋コンクリート造(RC造)・鉄骨造(プレハブ造)などが主流になっています。

 

近年に起こった地震などの被害状況を見ると、木造住宅の倒壊が目立ち、木造住宅は地震に弱いというイメージがついてしまっていますが、これは古くに建てられた木造住宅が耐震基準を満たしていない事に理由があります。本来は木という素材は、非常に強い家を建てられる素材であり、結露などの問題も起きにくく、防音性も良いなど、非常にバランスもよく優れた面が多いのです。

 

逆に鉄筋コンクリート造や鉄骨造は、耐震性には優れていても、機密性の問題や錆の問題なども出てくる為、耐久性には欠ける要素もあります。

 

要は、それぞれの素材の長所を生かして、欠点を補う工事、耐震対策などがしっかりできているかどうかです。

 

今後の建物においては、安全面に関しては妥協のないようにしておく必要があるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市