家作りの第一歩はココから!

ダイニングとキッチン

間取りにおいては、キッチンとダイニングの配置も重要なポイントです。キッチンは料理を作る場所、ダイニングは食事を取る場所になるため、この2つの関係が大切になってきます。

 

家庭の主婦にとって、キッチンのつくりは非常に大切です。広くて快適に料理ができる空間。それでいて最小限の動きで効率よく料理ができるような設計が理想です。

 

またキッチンの設計には採光と風通りを考慮する必要もあります。理想は日当たり過ぎないようにする事。しかし風通しの為の窓はあった方がよいでしょう。もちろん食べ物を扱うキッチンの場合、キッチン内の温度が暑くなりすぎないようなつくりにする事も重要です。

 

同時に、キッチンで作った料理をダイニングに運ぶ動きにも効率性を求めるべきでしょう。キッチンが個室タイプの場合、キッチンとダイニングの距離が近いほど動きはスムーズになります。

 

近年流行のオープンキッチンの場合は、料理を受け渡しするカウンター付きタイプと、フルオープンタイプのキッチンがあります。これらのタイプはキッチン内の整頓状況が丸見えになったり、匂いがもれるデメリットはあるため、整理整頓や掃除には気を使う必要があるでしょう。また、立って作業をするキッチン内と、ダイニングの座る高さを合わせていくような考慮も必要になるでしょう。

 

ダイニングはリビングと違い、食事をとる為だけのスペースである為、広さは必要ないという考え方もありますが、テーブルの配置や椅子の出し入れ、人通りを考えるとそれなりのスペースも必要になってきます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市