家作りの第一歩はココから!

コストダウンのアイディア

住宅を建築するとき、少しでも費用を抑えるには何に注目するとよいでしょうか。

 

当然のことですが、同じ建築材料を使って質的には同等の住宅ならば、家が小さいほど費用は抑えられることになります。建物全体について言えば、家屋以外のテラスなどの面積を小さくすること、地面に接する基礎面積を少なくすること、屋根面積を減らすことはコストダウンにつながります。すなわち、使う材料や作業する面積を減らすことがコストを抑えることになるのです。

 

間取りについて言えば、小さい部屋を多く作ると、壁が増える分コストが上がります。また和室は洋室よりも手間がかかる分、コストが上がってきます。家を建てた後も、畳替えや障子の張り替えを考えると、コストや手間がかからない洋室のほうが経済的と言えます。

 

内部の設備としては、浴槽やトイレはサイズや機能の違いで値段が変わってきます。いくつか候補を出してもらい、家庭に合わせて無駄なく使えるものを選択するとよいでしょう。電気設備は、便利さを求めてあちらこちらに配電するとコストが高くなりますし、家を建てた後に工事をすると追加の費用がかかります。部屋の使い方を考えて、合理的に配置するとよいでしょう。エアコンは、すぐに購入しないとしてもエアコン用のコンセントや穴は建築の段階から作っておくと、後で追加工事の必要がなくなります。

 

内装については、使う材料によって値段に差が出てきます。クロスや床材など、居間や寝室ごとに異なるものを使って、あまり使わない部屋については安い材料を選ぶなどするのもよいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市