家作りの第一歩はココから!

注文住宅の値引き

注文住宅は、個々の顧客の注文に応じてオーダーメイドで家を建てるわけですから、値引きは基本的にないと考えたほうがよいです。出来上がっている分譲住宅やマンションは、既にある価格から、状況に応じて値引きがされていきます。人気がある物件は値引きの率が低く、状況に応じて値引きされていくわけです。

 

洋服の例で考えても、既製服ではシーズンオフに値引きがあるのに対して、オーダーメイドの服の購入では値引きはあまり考えられないのと同じわけです。オーダーメイドで服を作ってもらうとき、布地を当初の予定から変更してもらったり、追加の飾りをつけてもらったりすれば、その分だけ出来上がったときの値段は上がっていきますが、注文住宅も同様に考えるとわかりやすいでしょう。

 

はじめに工事を行う業者と契約する段階では、もちろん住宅はまだ存在せず、あるのは図面だけです。図面を現実化して住宅を建てていく途中で、細かい間取りや塗装・内装などが決定していくわけで、建築材料の決定や工期の変更を受けて価格が決まっていきます。

 

ですので、注文住宅の場合、最終的な金額からの値引きを考えるより、建築していく過程で工事費用が抑えられる工夫を考えるほうが現実的と言えます。シンプルな間取りにしたり、建築材料や設備を見直したりするほうが経費を抑えられることになるのです。

 

同じような設備ならこちらのメーカーの製品のほうが安い、工期をこのように設定すれば人件費を抑えられるなど、良心的に提案してくれる業者と契約できると経費も抑えられるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市