家作りの第一歩はココから!

建築の依頼

土地を購入したら、次は住宅の建築を依頼することになります。依頼先としては、ハウスメーカー、工務店、建築家(設計事務所)の3つの選択肢が挙げられるでしょう。それぞれに特徴があるので、どこに依頼するかをまず考えましょう。

 

ハウスメーカーに依頼する場合、モデルハウスや資料が充実しており、具体的にイメージできます。また大手メーカーが扱う建築材料は一括で仕入れており、均一な部材を用いるのでトラブルが少ないでしょう。一方、定型的な住宅になりがちではあります。また、モデルハウスなどが充実している分、広告宣伝にお金がかかっており、費用は割高にはなります。

 

工務店に依頼する場合、その地域に合った家を提示してくれ、作業等で小回りが効きやすいでしょう。最新の技術や材料を用いるかは、工務店ごとに異なってきます。住宅を建てた後のメンテナンスは対応してもらいやすいでしょう。見積りや図面については、費用や作業などを細かく打ち合わせるとよいです。少人数でアットホームな対応が望めますが、変更点などは口約束だけでなく書面などでやりとりすると安心です。

 

建築家(設計事務所)に依頼する場合、設計と工事監理までを行います。自分が思い描く家を実現したり、新しい提案がしてもらったりという要望があるなら、建築家に依頼するとよいでしょう。建築家の個性が家に出ますので、どのような家を建ててきたか事前に調べるとよいです。建築関係のネットワークを持っていますから、実際の建築まで相談可能でしょう。建築家に依頼する場合、工事費用とは別に設計・監理の料金が生じますが、どの部分で費用を抑え、どこに費用をかけるかなど細かい相談はしやすいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市