家作りの第一歩はココから!

ユニバーサルデザイン

ユニバーサルデザインとは、誰にとっても使いやすい製品や建物などのことを言います。最近は文房具などでもユニバーサルデザインのものがあり、例えば左利きの人でも使いやすいはさみがあったりします。住宅についてもユニバーサルデザインのものを目指せば、老若男女みんなが使いやすい家になります。

 

NC State University のThe Center for Universal Designによるユニバーサルデザインの7つの原則は、(1)どんな人でも公平に使えること、(2)使う上で自由度が高いこと、(3)使い方が簡単ですぐにわかること、(4)必要な情報がすぐにわかること、(5)うっかりミスが危険につながらないこと、(6)身体への負担がかかりづらいこと、(7)アプローチするための十分な大きさと空間を確保することと言われています。これらを住宅の建築のときに考えると、どのような工夫があるでしょうか。

 

例えば、玄関には人を察知すると自動点灯するライトをつけておいたり、玄関や屋内の凸凹を減らして移動が楽になるようにしておいたりという工夫が考えられます。障害者や高齢者向けのバリアフリー住宅にみられる工夫と重なりますが、ユニバーサルデザインの場合は更に対象が広くなり、元気な人も使いやすい工夫が考えられます。

 

換気扇の手入れは億劫なものですが、はじめから手入れがしやすいものを取り付けておけば、主婦としては助かるでしょう。シングルレバーの水道は、力が弱い高齢者や子供にとっても使いやすいものですが、それ以外の人にとっても扱いがよいものです。

 

住む人全員の使いやすさを追求していくと、ユニバーサルデザインの考え方に近づいていくという言い方もできるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市