家作りの第一歩はココから!

鉄骨造の住宅

鉄骨造はS(Steel)構造や鋼構造とも呼ばれ、鉄製や鋼製の材料を用いて建築する構造を指します。木造よりも強度があるので柱の間隔を広く設けることができ、大きい空間や大きい窓を作ることができます。材料の質の安定性や防湿性も木造よりも優れています。

 

鉄骨造のうち、鋼材の厚さが6mm未満のものを軽量鉄骨造、6mm以上のものを重量鉄骨造と呼び、軽量鉄骨造のほうが重量鉄骨造よりも重量は軽くなります。軽量鉄骨は住宅でよく用いられ、重量鉄骨造は中層の集合住宅や店舗などで用いられます。軽量鉄骨造のほうが建築費用は安く、加工がしやすいという利点があります。一方、重要鉄骨造の場合、より広い開口部を持つ建物を建築することができ、自由度は高くなります。

 

鉄骨造の構造は三種類に分類され、柱や梁を用いるブレース構造、柱と梁を固定したラーメン構造、たくさんの小さな三角形を組み合わせて造るトラス構造があります。ラーメン構造で建築する場合、工場で作られた鉄骨を現場に運び、現場では接合のみの作業になります。従って、工期は短くなり建物の品質は一定化されてきます。トラス構造は、安定した構造が特徴で、鉄橋や体育館の屋根など長く大きなものを作ることが可能です。

 

鉄骨造の鉄材は火事で550℃以上になると強度が急激に低くなるので、火事の際に消火が遅れると倒壊する可能性があります。とはいえ、木造よりは危険性は低いと言えます。木造に比べると断熱性が低いという特徴があり、外断熱工法を用いられることが多いようです。また、鉄骨という構造材の強度は高いのですが、木造軸組み工法と同じブレース構造で建築されると、地震の揺れに対しては弱くなるでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市