家作りの第一歩はココから!

3階建住宅

都市部などは地価が高く、狭い土地を買った場合に3階建てを検討する人も多いでしょう。最近は建築基準法改正によって、木造でも3階建てで建築することが可能になりました。

 

3階建てにすると、同じ面積でも空間を多く確保できることになります。1階部分を駐車場にあてたり、子供部屋や趣味の部屋を3階にしたりと、いろいろな活用方法が考えられます。また、3階は日当たりがよくなりますので、バルコニーを設ければ洗濯干しやガーデニングにとってよい環境になるでしょう。

 

3階建てではどうしても住宅内での移動距離が長くなり、高齢者や幼い子供にとっては負担がかかりやすくなります。主婦にとっても毎日の掃除が大変になる面は出てくるでしょう。家族構成によっては、部屋の使い方に工夫をする必要が出てきます。また、1フロア増える分、建築費用は高くなります。どの階にも水回りの設備を配置するなどすれば、さらに費用はかかってきます。

 

3階建ての場合、2階部分が住宅全体の中心になりますから、2階にリビングルームや台所を配置すると便利でしょう。高齢者がいる家庭の場合、居室は3階を避けて1・2階にするとよさそうです。3階は夫婦、あるいは一定以上の年齢に達した子供の部屋にあてるとよいでしょう。

 

エレベーターを設ければ、3階部分の使い方に広がりが出てきます。インターホンを各階につければ、互いに連絡しやすくなるでしょう。夫婦二人で余裕のある生活を楽しむなら、3階建ての住宅に吹き抜けや中庭を作ると、明るい空間を楽しめます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市