家作りの第一歩はココから!

中古住宅

新築の注文住宅や分譲住宅は、予算的に少し厳しいという場合もあるでしょう。そういった場合、中古住宅を購入する方法があります。

 

中古住宅は、建物の築年数が10年経過すれば半額以下になり、価格はほとんど土地代のみという状態に近づいていきます。しかし実際に建物は存在しているのですぐに住むことはできますし、リフォームを行えば快適に過ごせる物件もあります。

 

ライフスタイルは年代によって変わっていきますので、それを考慮すると現在は中古住宅を買ったほうがよいということもあるでしょう。例えば、土地の条件は最適というなら、その中古住宅を購入して、数年後に建て替えをする考え方もあります。また住宅によっては築年数に比べて状態がよく、そのまま住み続けられる物件もあります。そういった物件に当たれば、修繕費なども出にくく、出費を抑えられるでしょう。

 

後々での建て替えを頭に置いておいて、その物件の建築基準法での規制や地盤の状態なども事前に調べておく必要があります。場所によっては規制があり、子供が大きくなったら3階建になどと思い描いていても、思うようにならないかもしれません。

 

中古住宅の場合、築年数やこれまでの修繕の経過によっては、入居してすぐに手を入れなければいけないことが生じる可能性があります。そういった修繕費用も購入時に考えておくとよいです。住んでみないと何が必要になってくるかわからない点があるので、柔軟に対応できるよう予算を考える時点で余裕を見ておくとよいでしょう。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市