家作りの第一歩はココから!

バリアフリー住宅

高齢化社会と言われる現代社会では、バリアフリー住宅の建築が増えてきました。高齢者あるいは障害者にとって、少しの段差でもケガの元になることはあり、そういった危険を減らすためバリアフリー住宅の需要は高まっています。

 

リフォームなどでバリアフリー化することもできますが、新築で住宅を建てるならはじめからバリアフリーを考えておくと、年齢を重ねても長く住みやすい家になるでしょう。

 

高齢になると、通常の歩行のときでも自分が思っているより足が上がらなくなってきます。住宅の中でも玄関の段差、敷居の段差、急勾配の階段など、つまずきやすい場所はいくつもあります。バリアフリー化されている住宅は、扉部分の敷居の段差をなくして平坦化した造りになっています。

 

玄関や階段など段差が大きい場所には手すりをつけたり、滑りにくい床材を使ったりする工夫も考えられます。コンセントの位置も配慮し、長いコードに足をひっかけないようにすることも考えられるでしょう。

 

車椅子を使う人が家族にいる場合、公道から入る門の付近や玄関の上り口にスロープをつけておくとよいでしょう。場合によってはリフトの設置を検討します。トイレや浴室は手すりをつけて、身体を動かすとき支えやすいようにします。

 

寝たきりの人がいるなど、介護を日常的に行うことが考えられるなら、介護しやすいように配慮した部屋を作るとよいでしょう。どうしてもニオイがこもりやすくなるので換気システムを取り入れておいたり、フローリングの部屋にしてベッドまわりを掃除しやすくしておいたりという工夫が考えられます。

 

都道府県

北海道 青森県 岩手県 宮城県 秋田県 山形県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 東京都 神奈川県 山梨県 新潟県 長野県 富山県 石川県 福井県 愛知県 岐阜県 静岡県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 鳥取県 島根県 岡山県 広島県 山口県 徳島県 香川県 愛媛県 高知県 福岡県 佐賀県 長崎県 熊本県 大分県 宮崎県 鹿児島県 沖縄県 札幌市 仙台市 横浜市 名古屋市 神戸市